Amalfi アマルフィ

 ユネスコの世界遺産に登録されたアマルフィ海岸の中心地アマルフィ。中世初期に海洋貿易港として ベネチア、ジェノバに先駆け発達した町は、貿易港らしく他国文化の影響を受けた、 歴史的建築物が海のブルーに映えてエキゾチックな雰囲気。

アマルフィは、1300年頃、イタリアではじめて木綿繊維100%の手漉き紙の製法が伝わった町。 それまでスタンダードだった、羊皮紙に変わり、中世に印刷技術が一気に加速する原動力にもなった。街には 現在も昔ながらの製法で作る紙屋が数軒残ると共に、博物館が残っている。

また、海洋共和国アマルフィは、西洋で始めて羅針盤を開発し、航海術を大幅に発展させたフラビオ・ジョイアのブロンズ像が町の玄関口広場にある。マリーナ門をくぐれば、町の中心Dumo広場に到着。このDumo広場を中心にメインストリートが始まる。左手をちょっと入ると、敵の侵略を防ぐべく、迷路のようになっている、真っ白な小道が印象的だ。聖人アンドレアを祭った大聖堂(Duomo)は必見。

●ナポリ発着 アマルフィ海岸ドライブ!<混在なし>

 朝ナポリのホテルを出発し、専用車でアマルフィ海岸を回るプランです。
近年ツーリストの増加で、ローカルバスは途中から乗車できないほど混雑しており、そういった無駄な待ち時間や、車でしかアプローチできないような、海岸沿いのレストランでの食事なども可能です。ドライバーさんは英語を話すアマルフィ海岸を熟知したプロフェッショナルチームです。ベストセラーの専用車プランで、ストレスなしの一日を!

 
 

カプリから高速船でアマルフィへ

​季節限定:例年6月頭~10月末の間運行
カプリ~ポジターノ~アマルフィは高速船が一日数本出ている(月により本数は増減する)。カプリまたは、アマルフィ海岸の宿泊者向けで、朝と夕方に数本のみ。

サレルノから高速船でアマルフィへ

​季節限定:例年4月頭~10月末の間運行
Piazza Concordiaにある、サレルノの港から、アマルフィ>ポジターノ>カプリ(終点)を結ぶ高速船(季節によって本数が増減)が出ている。ただし本数は少ない。

Please reload

ソレント・サレルノからバスでアマルフィへ

ソレント駅・サレルノ駅前から発着する路線バス。ソレントからアマルフィ方面へは5月~10月のハイシーズンは観光客で激混みするため、早目にいこう。サレルノからアマルフィ方面は比較的空いている。ダイアは基本、1時間に1本の割合で運行しているが、冬場は本数が少なくなる。アマルフィまでサレルノから約1時間15分。ソレントから1時間45分。チケットは駅構内のタバッキで予め購入。

ソレントからバスでポジターノ・アマルフィへ

ソレント発ポジターノ・アマルフィ方面
バスチケットは車内にて購入可能。夏季は1時間に1本の割合で運行。ただし、交通渋滞があるので、思うように乗り降りできない可能性がある

Please reload

 

● アマルフィ観光