Polignano a mare ポリニャーノ・ア・マーレ

 州都バーリからアドリア海に沿って車を走らせる。それだけでもう、「なんて気持ちの良い事だろう!」バーリいから約30分弱ほど走るとポリニャーノ・ア・マーレの町に到着する。旧市街地を取り囲む城壁。そして大きな門が目印だ。
ポリニャーの旧市街地は 海に突き出した断崖絶壁の地層の上にぽっこと乗っかったような不思議な作りだ。地層もすごいけど、吸い込まれるようなコバルトブルーの海の色は、アドリア海ならでは。風化によって浸食された地層には天然の洞窟があちこちにある。天然の大きな洞窟の中にあるレストラン(Grotta Palazzese)が有名。

ポリニャーノの断崖には、波の浸食でできた天然の洞窟がたくさんあり、夏になると、船にのり、この洞窟をシュノーケリングで楽しむエクスカーションなどもも出ている。天然の海底洞窟はどこまでも青く美しいので、観光客には人気が高い。

● やっぱり行ってみたい?名物の洞窟レストラン

 断崖絶壁の最先端に立つこの町の名物レストラン、Ristorante Grotta Palazzese。実はホテルの中のレストランだが、ご覧の通り、洞窟の岩場に無理やり作られた?シーフードレストラン。その立地から、イタリアのロマンチックレストランとか、イタリアの変なレストランなど、いろいろな方面で有名なレストランだ。

場所柄エスクルシブな雰囲気で食事ができることはたしか。旅行の話のタネに体験してみたいが、お値段的にも周りにある他のレストランよりは圧倒的にお高いので、食事は味一番!なタイプの方はあまり懸命な選択ではないかもしれないが、この立地、日本でなら、建設許可が降りないだろうから、何事も体験!なあなたにはピッタリ。

 

HOTEL RISTORANTE GROTTA PALAZZESE 
Via Narciso, 59 - Polignano a Mare (Bari) Puglia 
Tel. +39 (0)80 4240677 - Fax +39 (0)80 4240767

● ポリニャーノの見どころ

ドメニコ・モドゥニョの銅像 (Statua di Domenico Modugno)

1928年このポリニャーノで生まれた、イタリアのシンガーソングライターの父と呼ばれる存在。歴史あるサンレモ音楽祭では4回もの優勝した実力をもつ。世界的に有名なのは、Volare =”Nel blu dipinto di blu" は世界20カ国語に翻訳され歌わる世界的な歌となった。
その後は順調に、Grammy Awards、Cash Box Billboardなど、数々の賞を受賞していき、220000000枚を世界中で売り上げた。
1993年の夏故郷のポリニャーノにて大コンサートを行うが、その翌年、シチリアのランペドゥ-サ島にて没。
ポリニャーノの海を抱え込むような銅像は、2009年5月31日に落成式が行われた。

旧市街地(Centrostorico)

壁にかこまれたポリニャーノの旧市街地。まず旧市街地に入る前に、Volareの生みの親、ドメニコ・モドゥニョの銅像を見て、大きな橋を渡ろう。そこからは、美しい海の景色が見られるはずだ。
橋のすぐ先の大きな門をくぐって旧市街地に入ると、建物の石は白くて明るい感じ。町の広場は城門のすぐそばでわかりやすい。旧市街地は路地が碁盤の目状に続く地域だが、海が見えるほうを目指して歩こう。

硬い断崖絶壁の岩盤の上のちょこんと乗っかったように建てられた旧市街地もとっても可愛らしくステキだ。プーリア州によく見られる典型的な「白い町」とは一味違い、真っ青な海とのコントラストが印象に残る。

Please reload

Copyright© 1995-2020 Piazzatalia All Rights Reserved
当方のサイト中の掲載内容、リンク先で生じたいかなるトラブル、損害、損失その他不利益に関し、
当サイトは一切の責任を負いかねます。全部または一部の無断で複写することを堅く禁じます。